園だより2019年2月号


■今月の目標

「寒さに負けず元気に遊ぶ」

■今月のうた

・うれしいひなまつり

・パンやさんにおかいもの【北】

・幸せなら手をたたこう【南】

■行事予定

1日(金) 節分豆まき

4日(月) 園児健康診断【南】

6日(水) 避難訓練

7日(木) こぐまクラブ【南】

8日(金) こぐまクラブ【北】

18日(月) 園児健康診断【北】

20日(水) 年長児歯磨き指導【南】

21日(木) 年長児歯磨き指導【北】

27日(水) お誕生会 

■おしらせとお願い

○登園は9時15分までにしてください。

○持ち物には必ず名前を記入してください。

○風邪の季節です。うがい・手洗い・食事に配慮してください。

○いつでも雪遊びができる用意をしてください。

■園長通信 「手紙〜未来の君へ」

今日も保育園にきている子どもたち、満6歳までの、この地上で最も弱くかわいい時を過ごします。しぐさの全て、ことばの全てがかわいらしく、笑顔、泣き顔は本当にいとおしいものです。その反面、この無邪気さは残酷で凶暴な要素も隠し持っていることを知らなければなりません。思ったままを言葉にしてしまう、欲しいと思ったら持ち帰ろうとする。興味のあるものにはすぐに触りたがる。離れ小島にたった一人で暮らすことはできません。人間は生まれてから死ぬまでに、たくさんの人に出会い、その中で人生を全うします。たくさんの人が織りなす社会の中で、時には争い時には和解し、共に喜び共に悲しみ暮らしていきます。子どもたちはこの社会と共に生きるために様々なことを学ばなければなりません。お手本は全ての大人たちの「ことば」そして「行為」です。現在の社会は過去の教育の成果、そして園児たちが受ける教育の成果は20年後、30年後の現象として現れます。20年後、30年後に花開く成果の種を蒔くのは「今」です。今、子どもたちに私たち大人の言葉と気持ちをつたえ、行為を見てもらわなければなりません。卒園式を迎えるたびに私は心の中で未来の子どもたちに手紙を書いています。「拝啓 この手紙を読んでいるあなたはどんな時代を過ごしていますか?いじめたりいじめられたりしていませんか?勉強やスポーツに真剣に取り組んでいますか?そして今幸せですか?」


Copyright © 社会福祉法人 大樹福祉事業会 All Rights Reserved.

tree_autumn.png